10/17/2021
Breaking News

目的が違うデイサービスとデイケア

施設に通いサービスを受けるデイサービスとデイケア。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

デイサービスは、介護そのものを行うというよりは、社会との繋がりを持つ機会を提供したり、介護をしている家族の負担を軽減したりするなどを目的としています。
デイサービスでは、施設のスタッフが用意したレクリエーション活動を楽しんだり、利用者同士での会話を楽しんだりしてもらう事で利用者が孤独にならないようにしています。さらに、食事も提供される他、希望すれば入浴する事もできるので、自宅に帰った後はゆっくり過ごせるといったメリットがあります。
その他にも、デイサービスは、他者との会話やレクリエーションへの参加をしていく事で認知症の予防という観点からも期待されています。
尚、要介護認定又は要支援認定を受けないとデイサービスは利用できないのでその点は注意が必要です。利用を考えている場合はデイサービスについて教えますなどでデイサービスについての情報を集めておきましょう。

一方デイケアでは、自宅にて介護サービスを受ける利用者に対して日帰りでリハビリテーションサービスを提供しています。また、リハビリテーション以外にも食事や入浴サービスなどを行っています。利用者やその家族にとっては、リフレッシュできるという事から人気があるサービスです。
また、リハビリテーションを行っているのは理学療法士や作業療法士などの専門家であるため、デイサービスと比べるとより医療や介護の依存度が高い利用者を受け入れる事ができます。専門家が常駐している環境で必要なケアを受ける事ができるので、家族から見ると安心して任せられるというメリットがあります。デイケアは、介護疲れなどを防止するためにも今ではなくてはならないサービスと言えるでしょう。