07/13/2024
Breaking News

良いデイサービスの選び方は「相談」と「見学」がカギ

要介護の方が可能な限り自宅で生活できるよう、通う形で利用する介護がデイサービスです。
介護するご家族が日中に仕事があるケースなどで重宝しますが、利用者にストレスのない心地よい時間を過ごすためには、その選び方が大変重要となります。

デイサービスにおける介護は、食事の提供、健康状態の確認、入浴の補助、機能訓練、レクリエーション、送迎が主な柱になっています。まずは介護を受ける方がどの介護に重きを置いているか、例えば、「食事がおいしいのが一番」「入浴介護が受けたい」などをよくヒアリングする必要があります。
そして、普段介護する側のご家族の意向も大切です。「日頃ふさぎがちなので、たくさんの方とコミュニケーションをとって欲しい」「機能訓練をなるべく頑張って欲しい」など、話し合いを持つ事で、どのような事業所が合っているのかが見えてくるでしょう。
方針が決まったら、ケアマネージャーと相談し、綿密にプランを立てて事業所を選定しましょう。

通う事業所がある程度固まったら、実際に見学をする事も大切です。サービスの質についてはもちろんの事、長い時間を過ごすからには、全体の雰囲気や、利用者、職員などの表情などもしっかり見ておくと良いでしょう。
また、浴室やトイレなどの施設も重要なチェックポイントです。掃除やメンテナンスが行き届いていない場合は、職員の数が少ないなどの問題があるかもしれません。
「家族同士でよく話し合う」「ケアマネージャーに相談する」「実際に見学しよくて確かめる」を実行して、ピッタリの事業所を見つけてください。